「萌え焼酎りりぃ」リリー・フランキーが美しさを賞賛

 19日、「萌え焼酎りりぃ」が「第10回ガラスびんアワード2013」のリリー・フランキー賞を受賞した。

 リリーは授賞理由について「日本が世界に誇るキャラクター文化をイメージできる商品であり、ガラスびんのシルエットが細身で美しく、加飾の鮮やかさと三位一体となり、独特の世界観を醸し出している商品」とコメントしている。

 この焼酎は、初音ミクで一躍脚光を浴びた音声合成ソフト、VOCALOID2製品第3弾のキャラクター「Lily」を起用している。

 製品を手掛けたのは、お酒の販売からイベント、プロデュースまで手掛ける株式会社飛夢。「萌酒サミット」をはじめとして、お酒に親しんでもらうための様々な仕掛けに取り組んでいることで知られている。

 同社の広報担当者は、今回の授賞について「このような賞をいただけて本当にうれしい限りです。当初の話ではこの商品は落選する予定だったそうです。一度選考から落ちたのですが、リリー・フランキーさんの特別枠で最終選考に戻り、そのまま受賞となったと聞いて大変驚きました」と話した。

 また、「キャラのイメージに合う色や形状にする為、かなり瓶メーカーと試行錯誤いたしました。細身の瓶にはキャラの可憐さをイメージするようにしていただきました。色に関しては思うような黄色にするまで何回も何回もサンプリングして再現いたしました」とこだわりを語った。

 同社は、他にも様々なアニメ系の酒も手掛けており、これらの商品を作り始めたきっかけについて「昨今、日本のお酒の市場は縮小の一途をたどっており、それに輪をかけるかのように若者に酒離れは進んでいます。そんな中、何とか若い人に飲んでもらおうとアニメやイラストとのコラボを企画しました」と話した。

 なお、萌え焼酎りりぃは「現在、初回の商品出荷が終わっており、4月下旬に再販売する予定」とのことだ。

※画像は「飛夢」ホームページから

画像をもっと見る

関連リンク

  • 3/25 11:49
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます