サッカー選手の斎藤陽介がブログで離婚を発表、引退の可能性も

拡大画像を見る

 元横浜マリノス、現FCウファ所属のサッカー選手・斎藤陽介が自身の公式ブログで19日、離婚を発表した。

 斎藤選手は「つい数ヶ月前まで幸せだった家庭が崩壊した。海外でサッカーをして奥さんも可愛い子供もいて幸せだった その日々も終わりを告げました」と、離婚を報告。

 家庭の状況についても「奥さんはというと、ショッピングに行くとまあーお金は消費するし、暇あればナイトクラブに行く。その間面倒見るのは俺だし、ロシアいる間も懸命に溜めたお金を飲み代に使われるのが悲しかった。朝方帰ってきて文句言うと逆ギレして喧嘩が始まる。そんなことが何度もありました」としたうえで「俺が彼女のことをケアー出来なかったのは俺の責任ですが、子供の将来も考えず、一晩で数十万円も使う母親は良い母親ですか??」と、赤裸々に明かしている。

 その後、斎藤選手は家を出たものの、最愛の子供のことを思うと何もやる気が起きなくなってしまったという。
そして、「サッカーをやめることを決めました。ここまで突っ走ってきたつもりだけど、もう戦う理由はないし、そのエネルギーは今の自分にはない。サッカーはもう出来ない。もう息子に会えないのなら人生どうでもよかった」と、苦しい心境を吐露した。

 斎藤選手の妻はラトビアで出会ったという外国人女性。その美しさから、ネット上では「元横浜マリノス斎藤陽介のラトビア嫁が美しすぎると話題」と題されたスレッドが立ったこともあった。

 今回の件に関してファンからは「美人妻で勝ち組とか言われてたのに こんなオチがつくなんて…」と言う感想のほか「引退するなよ 代表に入っていい女みつけて見返してやれよ」など、励ましの声も寄せられている。

※画像は公式ブログから

関連リンク

  • 3/19 19:53
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます