『週刊文春』が、元プロ野球選手・清原和博氏の「薬物使用疑惑」を報じて波紋広がる

拡大画像を見る

 元プロ野球選手・清原和博氏の「薬物使用疑惑」を、6日に発売した『週刊文春』が報じて波紋が広がっている。

 同誌によると、最近の清原氏は、テレビの収録現場や読売巨人軍のキャンプなどで奇行が目立っていたという。その原因について、清原氏の友人は、「じつは清原は覚せい剤などの薬物の禁断症状に苦しんでいるのです」と語っていたとしている。

 また、編集部が2月に清原氏が都内の病院に入院していることを確認後、直撃取材を敢行したところ、呂律の回らぬ言葉で受け答えしたほか、会話の途中で突然襲い掛かり、記者のICレコーダーを破壊するなどしたという。なお、本人は薬物使用については明言は避けたとのこと。

 このセンセーショナルなスクープについてネット上では、「ウソだろ......」「清原が薬物!?何かの間違いやろ?」などの感想が寄せられている。

※画像はオフィスキヨハラ公式ウェブサイトより

関連リンク

  • 3/6 9:44
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます