マツコ・デラックス、打ち切り番組『日本ボカシ話』に言及

 タレントのマツコ・デラックスが19日放送のTBSラジオ系『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』に出演し、わずか1回で打ち切りになったTBS系『マツコの日本ボカシ話』について語った。

 同番組は初回放送後、公式ホームページで「『マツコの日本ボカシ話』の全編ボカシという表現・演出方法には、局の内規に抵触するおそれがある問題点が露見したため、一旦、番組の放送を休止し、表現・演出方法の再検討を行います」と発表されると、第2回を前に番組終了となった。

 マツコは「TBSには1回で番組終わらされたから。確執ではないんだけどね」「TBSに入ったの。何ヶ月ぶりだろ」と語った。
 山里がさらに話題を振ると、マツコは「その話止めない? いろいろ怒ってる人とかいるみたいだから。ここにもいるし、外にもいるみたいなのよ。やーね、みんな肝っ玉ちっちゃい」と切り捨てた。

 また、以前にTBSラジオで深夜番組をやりたいと持ちかけたものの、プロデューサーから「芸人さん以外とは仕事したくない」と断られていた過去を明かすなど、マツコとTBSの知られざる関係が垣間見える放送となった。

関連リンク

  • 2/20 15:59
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます