川島なお美、「お笑いマンガ道場NG疑惑」を否定

拡大画像を見る

 女優の川島なお美が自身の公式ブログで11日、かつて出演していた日本テレビ系『お笑いマンガ道場』について言及して反響を呼んでいる。

 川島は、「今までどこにも明かさなかった秘話などもお話したいと思っています」として、今月から芸能生活35周年を振り返った日記を、特別企画として更新している。

 『1982』と題したブログでは、冒頭で「この年は飛躍の年 ワインでも82年は最高のヴィンテージ 私の芸能界の歴史でもグレイトヴィンテージとなりました」と、ワインに例えて振り返った。

 当時は、女子大生タレントブームの真っ盛り。川島は青山学院大学の学生として文化放送『ミスDIリクエストパレード』を担当していた。「番組が終わるとたくさんの男の子たちが単車に乗ってお出迎え 私の乗ったタクシーを追ってくるので朝までカーチェイス」と語り、自身に対する熱狂ぶりを明かした。

 そして、「伝説のあの番組 お笑いマンガ道場のレギュラーが始まります」と番組にふれると、「今でも『見てました』『大好きでした』とよく言われます 私にとってどちらの番組も女優への階段をあがる途中で出会ったかけがえのない宝物です」と語った。

 一部で、『お笑いマンガ道場』は川島の「黒歴史」として、本人が語ることを避けているのではという噂もある。しかし、川島は今回のブログで「川島なお美にマンガ道場の話はNGとかってまったくでたらめですから」と、はっきりと否定した。

 これに対してファンからは「お笑いマンガ道場のなおみさん…鮮明に覚えています(*v.v)」「お笑いマンガ道場、欠かさず観てました」などのコメントが寄せられている。

※画像は公式ブログから

関連リンク

  • 2/12 11:17
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます