【閲覧注意】オーストラリアの「過激すぎるCM」にコメント殺到

 29日、YouTubeに公開されたショッキングな「CM」が大きな反響を呼んでいる。

 『Set Yourself Free』と題されたこの作品は、オーストラリア在住のHenry InglisとAaron McCannが制作したもの。「教育の重要性」を啓蒙する団体「the Learn for Life Foundation of Western Australia」の新CMとしている。

 内容の過激さから、YouTubeでは31日から「この動画は、一部のユーザーに適さない可能性があります。」という警告が表示されるようになった。

 それでは、早速内容を見てみよう。まずは、男女4人の若者が学校を飛び出すところからスタートする。彼らは車に乗り込み、海へサーフィンに。海沿いで戯れる姿は、まさに「リア充爆発しろ!」といったところだ。
しかし、動画再生から1分も経たないうちに、凄惨な事態が彼らに襲い掛かるのだ。ラストでは「怠けていると、こういうことが起こる」「学校にいなさい」と言う警告がなされて幕を閉じる。

 31日時点で再生回数は300万再生を越え、5600件以上のコメントが寄せられている。
「素晴らしい広告」「面白かった!」と言う声の一方で「これが啓蒙になると思っているの?」「非常に後味が悪い」という批判もされている。

 ところが、このCMをPRしているという団体「the Learn for Life Foundation of Western Australia」を調査していくと意外な事実が明らかになる。公式ホームページにはこの広告しかリンクが存在せず、活動実態が全く見られないのだ。
さらに、今回の作品の音楽を担当したLouis Inglisが自身のFacebookで「ニセモノの広告用に作ったウソ歌をチェックしてね」と語っていることなどから、どうやらこの作品は制作陣によるニセ広告のようだ。

いずれにしても、破壊力抜群の「CM」。興味のある方はチェックしてみてはいかが?

※画像は公式動画から。閲覧注意!

参考
『Set Yourself Free』
http://www.youtube.com/watch?v=STHpMUYeznQ

画像をもっと見る

関連リンク

  • 1/31 14:56
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます