テイラー・スウィフトがグラミー賞の演奏中に『ストリート・ファイター』のリュウに攻撃される動画が大反響

拡大画像を見る

 27日、YouTubeに公開された「歌手のテイラー・スウィフトがグラミー賞の演奏中に『ストリート・ファイター』のリュウに攻撃される」という動画が大反響を呼んだ。

 テイラーは、今年のグラミー賞で「All Too Well」を熱唱。ピアノを弾きながらヘッドバンギングするという激しいパフォーマンスを披露した。

 これに注目した視聴者が、テイラーの動きに合わせてリュウがハイキックを何度も決めるという動画を制作してYouTubeにアップすると、話題沸騰となった。

 動画はわずか28秒で非常にシンプル。最後にリュウが「俺にはまだ倒す力がない、もっと修業を積まないと」とつぶやくオチがついている。

 1月31日時点で、1000万回以上も再生され、イギリスのインデペンデント紙など海外メディアにも多数取り上げられたが、現在は削除されている。

 この動画に対してネット上では「面白い!」「今までで最高のビデオだ」と言う感想のほか「ラウンド1 ファイト!」など、ゲームのファンからもコメントが寄せられていた。

※画像は動画からのキャプチャー。

関連リンク

  • 1/31 11:17
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます