元AKB48の板野友美と前田敦子に「不仲説」

 19日に放送した日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に板野友美が出演し、前田敦子がAKB48のセンターだったことに対して、当時は納得がいかなかったと告白した。

 板野は司会の東野幸司から「(AKB48の)センターで歌いたいって(気持ちは)あるの?」と質問されると、「デビュー当時はありましたね。敦子がセンターになるって日とかは、『なんで敦子なんだろう?』って、みんな思ったりとか」と、当時の心境を明かした。

 この発言により、ネット上では板野と前田の不仲説が浮上。しかし、板野は放送終了後に自身のTwitterを更新し、「敦子と仲悪いのー?って質問がたくさんきたけど、今でもめちゃ仲良しですよー」「昨日もカラオケ行ったし 敦子大好き」と不仲説を否定。「仲悪いって話じゃないですよ(°_°) 誤解させちゃってごめんなさい」と謝罪し、前田とのツーショット写真を投稿した。

 また、このコメントに対し、前田は自身のTwitterに「うふふ(OvO)」と返信している。

関連リンク

  • 1/20 12:37
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます