起源からまさかの珍トレーニングまで! プロ野球自主トレ大事典!!

 お正月も終わり、1月下旬にさしかかり、学生、社会人のみなさんも普段のペースを取り戻しておられるでしょう。そんな中、プロ野球選手たちは2月1日のキャンプインに向けて黙々と身体作りを続けている。12月と1月は球団の拘束を受けないことになっており、選手たちは自主的にトレーニングを行っているのだ。この自主トレについて、プロ野球情報満載のスマホサイト『週刊野球太郎』編集部に、その起源や過去のおもしろトレーニングなどを聞いてみた。

     *   *   *

【これが自主トレの起源!?】

 振り返ること77年前の1937(昭和12)年のシーズンオフ。2月24日から3月2日まで、阪神の選手たちが極秘特訓を行ったという記録がある。当時、ライバル球団の巨人・沢村栄治の剛速球を打てずにいた阪神ナインたちは自主的に甲子園球場に集まり、打倒沢村を合い言葉に猛練習を敢行。期間中は球場の出入り口すべてにカギを掛け、外部との接触を一切断つなど、特訓は過酷を極めたという。

 しかし、残念なことに直後に行われた春のリーグ戦(当時は春季と秋季にわかれていた)でも、阪神は沢村を打てず、巨人に優勝をさらわれてしまったそうだ...。

【野球には精神修行も必要! 変わり種自主トレ】

 現代のプロ野球界でも、さまざまな珍トレーニングが存在する。有名なのが、かつての西武黄金時代を牽引した石毛宏典。自主トレ期間中、岐阜県土岐市の窯元でろくろを回し、陶芸をすることで集中力を鍛えた。

 精神修行といえば金本知憲(元広島ほか)、清原和博(元西武ほか)、新井貴浩(阪神)らが行った鹿児島県最福寺での「護摩行(ごまぎょう)」が有名。300~400度にもなる炎を目の前にして、大声でお経を唱える修行で、新井の苦悶の表情を毎年のように(今年で10回目!)見かけるファンからは「新井さんはこの護摩行で燃え尽きるから、シーズンで活躍できない」とも言われていた。

【まだまだある珍トレ! 果たして効果は?】

 ほかにもファンの間で有名なのが、ヤクルト・田中浩康のトレーニング遍歴。かつては指先を鍛えるために「陶芸」を行い、体幹を強化するため「バレエ」を取り入れ、「空手」や「乗馬」なども経験した。今オフは「歌舞伎」をテーマにするようだが、その結果はいかに...。

 さらには巨人・大田泰示は2010年オフ、守備力向上のため愛犬のチワワと鬼ごっこ。下半身強化に努めたそうだが、結果は出ているとはいい難い。またオリックス・駿太は2012年にけん玉トレを考案。ヒザを柔らかく使うことで打撃にも相乗効果があるということだが、はたして効果はあったのか...。各選手のトレーニング方法を楽しみながら新シーズンの活躍を祈ろう!

※『週刊野球太郎』は、ポストシーズを楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

新春総力特集「ニッポン球界大予言」

関連リンク

  • 1/20 10:15
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます