整形サイボーグのヴァニラ、精密検査で頭蓋骨に衝撃の事態

拡大画像を見る

 13日に放送したTBS系『私の何がイケないの? 』に、全身整形で知られるタレントのヴァニラが出演。番組で人間ドッグを受けたところ、衝撃の事実が発覚した。

 これまで総額2000万円以上の手術費用をかけて、30回以上の整形を繰り返してきたヴァニラ。持病の偏頭痛がひどくなったため、人間ドッグを受けることになった。
しかし、頭蓋骨の断面を画像化するMRI検査を受けたところ、前頭部に2つの金属らしき突起が映るという事態が発生した。

 ヴァニラはこれについて、「おでこを手術した時に、頭を1回開けてる」と告白。この突起は、おでこを膨らませる手術をするために付けた、人口頭骨を固定するためのボルトであることが分かった。このボルトは金属ではなかったことから、MRI検査が実施された。

 その結果、偏頭痛の原因は上記の手術の際に「三叉神経」を傷つけてしまったことが原因である可能性が明らかになり、偏頭痛の薬が処方された。すると、ヴァニラからは「ちゃんと治ると聞いて安心しました。これでどんどんカスタム(整形)ができる」と、驚きの発言が飛び出した。

 ネットでは「頭蓋骨にボルトなんて、普通の外科手術じゃない」「美容整形よりも精神科に行くべき」などの声が挙がる一方で、「素晴らしい! 美に関して未だに継続的に探求しているのですね」「自分の美意識を貫くヴァニラちゃんが大好きだけど、健康でいてほしいし、病気で苦しんでほしくないので、労りながらカスタムを続けてください」などの応援コメントも寄せられた。

※画像は公式ブログから

関連リンク

  • 1/14 17:10
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます