『解決!ナイナイアンサー』収録後、悲惨な舞台裏を告白

拡大画像を見る

 7日に放送した日本テレビ系『ナイナイアンサー』で、フリーアナウンサー・松本志のぶの「ダサすぎる眼鏡」に注目が集まった。

 番組の進行を担当した松本は、なぜか大きな丸眼鏡姿で登場。ふだん眼鏡をしていないことに加え、その特徴的なデザインが一部の視聴者の関心を引いた。
ネット上では、「松本志のぶのめがね、なんだあれ!ギャグ?正気?」「あのメガネ本当やめてほしい 絶対しないほうがきれいなのに」「メガネが気になりすぎて映るたびにそっちに目がいく」などの声が寄せられた。

 なぜそんな眼鏡をして番組に登場したのか、事の真相はブログに記されていた。
松本は12月23日、自身の公式ブログを「サイアクデス」と題して更新。「やってしまいました。夏に続いて、またもや、眼球を傷付けて激痛と闘いました・・・」として、左目を痛めたことを明かしていた。

 そして、「実は、痛みのピークはその前日、『ナイナイアンサー』のスタジオ収録中。激痛とともに左目が腫れて開かなくなり、当然のことながらメイクも出来ません。初めて、ほぼすっぴん状態で、ものすごく大きく丸い伊達眼鏡をかけて腫れを隠し、カメラの前に立ってしまいました。すみません・・・。」と謝罪していたのだった。

 現在は目の腫れは引いて、痛みはなくなっているとのことだ。

※画像は公式ブログから

関連リンク

  • 1/9 14:43
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます