『タカトシの涙が止まらナイト』、番組終了を惜しむ声も

 25日に放送したテレビ東京系『タカトシの涙が止まらナイト』が、同日の放送をもって最終回を迎えた。

 同番組は、タカアンドトシがMCを務め、実話ドラマや海外CM、歌やパフォーマンスなどの「泣ける感動映像」を紹介。ゲスト、観客とともにその映像を鑑賞し、涙を流すことで「デトックス」する「涙活バラエティー」というコンセプトだった。

 今回の放送では、A.B.C-Zの橋本良亮が飼い犬とエピソードを明かしたほか、芸人・もう中学生が「泣ける段ボール芸」を披露。最後は、死別した大切な人を歌った、さだまさしの『精霊流し』で幕を閉じた。
 番組に対して、インターネット上では「自分が飼ってた犬のことを思い出して泣きそうになってた!」「止まらナイト見て号泣してる(/_<。)ビェェン」などの感想が寄せられた。

 同番組は、当初から11月限定での放送だったことから、わずか4回で番組終了となった。しかし、この情報を知らなかった視聴者も多く「タカトシの涙が止まらナイトってもう終わるの?早くない?」という声のほか「最終回は早すぎると思う。。。」など、番組再開を望む声も挙がっている。

関連リンク

  • 11/26 18:10
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます