ストーブリーグ、ドラフトの語源とは? オフシーズンならではの野球用語の由来に迫る!

拡大画像を見る

 プロ野球の世界は現在、ストーブリーグの真っ只中。各球団ともドラフト会議で交渉権を獲得した新人選手との入団交渉を進めながら、FA補強やトレードなどで、来季の戦力補強を着々と整えている。
 ところで、この時期、なにげなく使っている「ストーブリーグ」とはどういう意味なのか。また、トレードやドラフトなど、オフシーズンになると新聞紙面を賑わす野球用語は、いったいどこからきた言葉なのか。ふと疑問に感じたので、野球の歴史に詳しいスマホサイト『週刊野球太郎』編集部に、オフシーズンならではの野球用語の語源や由来を聞いてみた。


     *   *   *

【ストーブを囲みながら野球の話をしたことが由来?】

 まずは「ストーブリーグ」の語源から。諸説あるものの、野球のシーズンが終了した冬に、ファン同士がストーブの前で暖をとりながら選手の移籍・契約更改・引退などの話をする様子から、ストーブリーグという名前が付いたといわれている説が有力だ。

 また、試合が行われないこの時期になると記事になるようなネタが少ないので、新聞記者たちもストーブを囲んで来季への噂話をするシーンが増えることから、という説も。他にも野球の監督たちがストーブを囲みながら、自軍の選手のトレード交渉をしていたことが由来となっている説もある。とにかく、この時期はどんな人もストーブの周りで野球の話をしていたようだ。

【トレードの交換相手は自分自身!?】

 その「トレード」を日本語に訳すと「貿易」、「交換」といった意味。まさにこれが語源となって、球団が自チームの選手と他チームの選手を交換したり(交換トレード)、他チームの選手を買い入れたり(金銭トレード)することを指すようになった。

 ちなみに大リーグでは「交換選手は後で指名する(後日指名選手)」トレードもあるという。その昔、ハリー・チーティという選手は、後日指名選手との交換でメッツからインディアンスへ移籍。しかし、その数カ月後、またしても後日指名選手としてインディアンスからメッツへ戻り、トレードの交換相手が自分自身という史上初の選手となったそうだ。

【ドラフト会議とドラフトビール(生ビール)の関係は?】

 最後に「ドラフト」の語源を説明しよう。「draft」を日本語に訳すと「下書き」や「草案」といった意味のほか、「人を(軍に)徴兵する」という意味を持つ。ここから球団を軍隊に、選手を兵士に置き換えて、野球の選手を球団に徴兵する、という意味に置き換えられて「ドラフト制度」と呼ぶようになった説が有力だ。

 他にも「draft」は「設計図」、「手形」、「引くこと」などいろいろな意味をもっている。「ドラフトビール」とは樽出しのビール、つまり生ビールという意味を持っているが、ドラフト会議とはなんら関係がないそうだ。

 ちなみに日本で最初のドラフト会議は1965(昭和40)年11月17日、東京・日比谷の日生会館で開催された。正式には「新人選手交渉締結規程」と呼ばれており、選手と交渉する球団をひとつに絞って過当競争をなくそう、という狙いがあった。132人のドラフト指名選手のうち契約したのはわずか52人で、入団率は39.3%に過ぎなかったようだ。指名を受ければ、ほとんどが入団する現在とは大きくかけ離れたドラフト会議だったといえるだろう。

※『週刊野球太郎』は、ポストシーズを楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

「2013総決算プロ野球なんでもランキング」を読めば、今年のプロ野球の全てがわかる!

関連リンク

  • 11/20 11:35
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます