小学生が知事に立候補!?

 11月1日から25日まで、徳島県では「とくしまこども未来知事選挙」が開催されています。小学生10人が3つの模擬政党に分かれ、公約を作成し、政策を訴えます。県内の店舗や、Web上での投票により結果が決まります。

 このユニークな取り組みは「徳島活性化委員会」が主催しています。代表の内藤佐和子氏は「子どもの頃から政治や選挙に関心を持ってもらうことで、大人にもその波が波及していくことを願っています。県民以外からも積極的な投票をお待ちしています。子どもたちの励みになります!」と意気込みを語っています。

 政党は以下の3つです。観光振興を訴える「徳島観光一周党」、食に注目した「野菜パクパク党」、そしてスポーツの盛り上げと健康増進を狙う「パワー党」。期間内には関係各所へヒアリングを行うなど、活発に活動をしています。

 このイベントをきっかけに徳島県の投票率向上につながることを期待しています。全国からWeb投票が可能なので、ぜひみなさんも貴重な一票を投じてみませんか。

 とくしまこども未来知事選挙「投票フォーム」
 http://bit.ly/17nMXdd

(NPO法人YouthCreate)

関連リンク

  • 11/19 18:44
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます