キングコング・西野亮廣が土下座で謝罪

 14日に放送したテレビ朝日系『アメトーーク!』に出演したキングコング・西野亮廣に大きな反響が寄せられている。

 今回は「好感度低い芸人」と題して、品川庄司・品川祐、ピース・綾部祐二、陣内智則、ジャルジャル・福徳秀介、スピードワゴン・井戸田潤が登場。放送前から「メンバーがガチすぎる」と話題を呼んでおり、とりわけネット上で多数のアンチを抱える西野に対する注目度が高かった。

 番組では、西野に対する一般意見を発表。「Twitterがイタい」を皮切りに、「ナルシスト、エラそう、可愛げがない」などの理由が次々と挙げられたほか「理由はないけど嫌い」という声まであった。これに対してゲストの有吉弘行は「全部納得できますね。(理由がないけど)嫌いですね~」と嬉しそうにほくそ笑んだ。

 さらに、番組後半ではサプライズゲストとして放送作家の鈴木おさむが登場したことでスタジオは大きな盛り上がりを見せた。

 西野は、鈴木の著書『芸人交換日記』について今年の2月、Twitter上で「『芸人交換日記』なんて、ちっとも面白くないし、都合よく乗っかる芸人はもっと面白くないですね」と批判。これに対して鈴木本人が「僕の書いた物をいくら批判していただいてもいいですが、『都合よくのっかる芸人』って誰のことを言ってるんですかね?この言い方は、正直悲しいです」とツイートすると即座に謝罪した。
しかし、鈴木の妻である森三中の大島が「絶対に許さない」と激怒するなど、遺恨を残す結果となってしまっていた。

 鈴木を見た西野は、顔を手で押さえて困惑した表情を浮かべると、土下座で謝罪の意思を表明。そして、事の顛末については「いや、だから、お酒の勢いで、つぶれてしまったので......ですから、それはもう、すみません」と釈明した。
これに対して鈴木は、西野から直接謝りたいと連絡があったものの、今回の番組で「清算」しようと思ったと語った。そして、騒動が起きた際に西野の相方である梶原雄太がよこした「西野はいいやつです。頭もいいと思います。ただ今回の件については軽率すぎたと思います」という謝罪の手紙を紹介。鈴木は、梶原の言葉にコンビの絆を感じ、胸を打たれたと明かした。

 二人は和解したものの、有吉が「ここは全面和解でいいんじゃないですか?ただ俺は作品に関わっていた先輩の事を心から尊敬しているからここは絶対許さない」と語るとスタジオは笑いに包まれた。

 これに対してネット上では「西野さん逆に好感度上がったよ」「アメトークよかったなあ。面白かった!!!!!」などの感想が寄せられた。

関連リンク

  • 11/15 10:11
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます