有吉弘行が若手俳優を痛烈批判

 13日深夜に放送したテレビ朝日系『マツコ&有吉の怒り新党』で、有吉弘行が昨今の若手俳優たちを痛烈に批判し、話題となっている。

 視聴者から番組に投稿された「バラエティ番組に乗っからないゲストに腹が立つ」というメールに対し、有吉は「わかんない人には怒ってないが、かっこつけてるヤツを怒っている。立場もあるだろうけど、失敗して恥かいてもいいじゃない」と切り出した。

 マツコ・デラックスが「何人かエピソードを。どんな方がいらっしゃったのかなあって、ちょっと気になっちゃって」と笑いながら問うと、有吉は「そこそこ若手の俳優は全員です」と即答。するとマツコも「若い男の俳優っていうのは、なんでみんな総じてああなの?」と同調した。

 その後、有吉は堰を切ったように「ずっと人生そうやって生きてきたから何も入ってこないのよ」「なんでも知ったか(ぶり)して『はーい』って言ってるだけだから。あと、女とチャラチャラ遊んでるだけだから、何かを吸収する時間なんてないのよ」「一生そう」などと批判した。

 マツコも「イケメンってだけ。舞いあがっちゃうのかね、チヤホヤされて」と語ったほか、かつてイケメン俳優に横柄な態度をとられたエピソードを明かし「悔しい」ともらした。

 最後は、二人口をそろえて「ありのままを見せた方がかっこいい」とし、良い例として、かつて『クイズ!ヘキサゴン?』(フジテレビ)でおバカタレントとしてプレイクしたつるの剛士の名前を出した。

 最後にマツコが「ヒドい回だ、これ」ともらすと、有吉も「ちょっと口が過ぎました」と頭をかいた。

 これに対してインターネット上では、「今日の怒り新党おもしれぇえええwwww」「あかん、きょうの怒り新党の『若手俳優』についての有吉さんとマツコさんの放言がおもしろすぎるwwもっとぶっちゃけてください!」などの声が寄せられた。

関連リンク

  • 11/14 12:08
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます