ナイナイ岡村、「芸能界を辞めようと思った」

 ナインティナインの岡村隆史が5日、自身がMCを務める日本テレビ系『解決!ナイナイアンサー』で、2010年に休養していた時期に「芸能界を辞めよう」と考えていたことを明かした。

 番組では、元キャスターの丸岡いずみがうつ病の壮絶な闘病を告白。これを受けて岡村も、2010年5月から体調不良でしばらく芸能活動を休止していたことに触れて「僕も丸岡さんと一緒で一睡もできなくなってしまって...」と当時を振り返った。

 岡村は、眠れない日が何カ月も続き、仕事中も常にパニック状態だったという。「本当に芸能界を辞めようと思った。一番最悪なときは自分のサインも書けなくなった」と明かすと、出演者からは驚きの声が拳がった。

 相方の矢部浩之は、「仕事を休めといったときに(岡村に)泣きつかれた」と話し、岡村が休養をかたくなに拒んだことを明かした。

 これに対してネット上では、「岡村さん無理しなくてもいいのに」「久しぶりに岡村さんの休業時の話を聞いて危うく泣きそうになった」などのコメントが寄せられた。

関連リンク

  • 11/6 12:23
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます