『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』に出演したホリケンに「ある意味天才」の声

 3日に放送した日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』に出演したネプチューン・堀内健に、ネット上で様々な反響が寄せられている。

 今回、堀内は7回の変装で出演者を何回笑わせることができるかを競う「七変化」に登場。
Dr.スランプアラレちゃんのコスプレをして、ダウンタウン・浜田雅功の腹部を攻撃するなど、自由奔放な行動で勝負に出た。他にも、田原総一朗や、あまちゃん、半沢直樹の黒崎検察官などを披露した。
さらに、「成城石井で飼い主を待つヤドカリ」に扮するなど、台本のないホリケンワールドが全開となると、ダウンタウンの松本人志も「ルールとテーマが分からん」と、お手上げ状態だった。

 ネット上では「ホリケンの世界観面白すぎ」「今回は神回!」「ある意味天才」「笑い過ぎで腹筋イタい」といった絶賛のコメントが多数寄せられる一方で、「ホリケンワールドについていけない」と、独特の芸風に対して困惑するコメントも少なくなかった。

関連リンク

  • 11/5 13:19
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます