ドラフト1位指名を受けた、選ばれし男たち! その顔ぶれを総チェック!!【パ・リーグ編】

拡大画像を見る

 10月24日に開催された2013年プロ野球ドラフト会議。高校生史上7人目となる、5球団が競合指名した松井裕樹(桐光学園)は、楽天が交渉権を引き当てた。同じく競合が予想されていた高校生No.1捕手の森友哉(大阪桐蔭)はなんと、西武が一本釣り。今ドラフトでは、セ・リーグに比べてパ・リーグ各球団から1位指名を受けた選手たちのほうが、華やかな印象がある。

 ドラフト関連といえばその情報量と圧倒的な詳しさで他の追随を許さないスマホサイト『週刊野球太郎』編集部に、12球団から1位で指名を受けた選手たちの顔ぶれを総ざらいしてもらい、今回はパ・リーグの選手についてまとめてみた。


     *   *   *


【楽天1位:松井裕樹(まつい・ゆうき)/投手】

 楽天のエースといえば今季、開幕から無傷の24連勝という大記録を達成した田中将大だ。その田中は今オフ、ポスティングシステム(入札制度)により大リーグに移籍する可能性がある。昨夏の甲子園で1試合22奪三振のこちらも大記録を達成した松井裕樹には大エースの後継者としての期待がかかる。

【西武1位:森友哉(もり・ともや)/捕手】(写真の選手です)

 なんといっても森にとって、西武には主力で活躍している先輩が多いことが心強いだろう。今季パ・リーグ打点王の浅村栄斗や、西武のみならず日本を代表する長距離ヒッターのおかわり君・中村剛也は、森と同じく大阪桐蔭の出身だ。ファンの間では早くも浅村、中村、森の最強のクリーンナップが形成されることを期待している。

【ロッテ1位:石川歩(いしかわ・あゆむ)/投手】

 巨人と競合の末、交渉権を獲得したロッテ。リスクを冒してまでも欲しかった、のが石川だ。楽天・田中将大、広島・前田健太らと同じ1988(昭和63)年生まれのいわゆる88(ハチハチ)世代で、昨年は指名されると期待されたが、指名漏れの憂き目も経験した。その悔しさをバネに今シーズン大きく成長した。1年目から大暴れが期待される。

【ソフトバンク1位:加治屋蓮(かじや・れん)/投手】

 宮崎県出身でソフトバンクは憧れの球団だったという加治屋。指名直後、真っ先に連絡を入れたのはなんと4歳年上の彼女だったという。さらには口べたで大人しいタイプというMAX152キロ右腕は、ソフトバンクの3軍と何度も練習試合をしており、投げ勝った実績も持っている。

【オリックス1位:吉田一将(よしだ・かずまさ)/投手】

 即戦力としては今ドラフトの目玉として挙げられていて吉田は、1位入札が重複されることが予想されるなかで、オリックスが見事な一本釣りを決めた。高校時代は青森山田で控え投手、日大でも東都大学リーグ1部ではわずか3勝止まりで、在学中のほとんどは2部でプレーしていた。同世代の菅野智之(巨人)や野村祐輔(広島)、藤岡貴裕(ロッテ)らに大きく水をあけられていた吉田は「プロ入り後は同じ舞台で、追いつき追い越せです」と力強くコメントした。

【日本ハム1位:渡邉諒(わたなべ・りょう)/内野手】

 栗山英樹監督が外れ→外れ→外れと3連敗の後に指名したのが「高校生最強内野手」の渡邉だ。ドラフト1位にふさわしい実力を持ち、走攻守全てで高いレベルを誇るスラッガーは、高校日本代表でチームメイトとしてともに戦った松井裕樹や森友哉に早くもライバル心をみせている。


 「今年は不作」という声もあった2013年ドラフト。しかし昨年よりも6人多い76選手が指名を受けた。特に社会人投手は25人も指名され、各球団ともに即戦力投手を狙っていたようだ。そんななか、巨人は2位以下では高校生中心の指名をみせ、長期的な戦略に切り替えた。これは現有戦力が充実している証拠といえるだろう。また松井を引き当てた楽天は9人中8人が投手で、東北出身者が4人と、投手陣の強化と地域性を重視した指名をみせた。こういった見方をすると、ドラフトは益々面白くなってくるだろう。

※『週刊野球太郎』は、シーズン終盤を楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

『週刊野球太郎』の「2013プロ野球ドラフト会議指名選手速報」で育成選手含めた89選手を紹介している!

関連リンク

  • 11/1 10:56
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます