蛭子能収の半生や過去の迷言にネット上で賞賛の声

 30日に放送したフジテレビ系『なぜこうなった!?ファクトリー~アノ人たちの作り方~』で紹介された蛭子能収の半生が話題になっている。

 番組では、高校時代に映画監督を目指して上京したが挫折し、漫画家の道に進んだ蛭子が、苦労しながらも現在の地位を確立するまでの半生が紹介された。

 また、「蛭子能収最低伝説」として、麻雀賭博での逮捕時に「もう二度とギャンブルはしません。賭けてもしません」といった迷言の数々や、「お葬式にいくと笑いが止まらなくなる」という言動も紹介された。

 ネット上では「本当に酷い人だなって思うけど面白くて仕方無い」「ちょっと毒のある癒やし系」というコメントのほか、「現実を見ること、諦めずにやり遂げること、チャンスをきちんと掴むことが大事なんだな」「なんだかんだテレビからも消えないのは凄い」などの感想も寄せられている。

関連リンク

  • 10/31 12:37
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます