日本シリーズはワールド・シリーズだった!? 日本シリーズ「はじめて」物語

 東北では「史上初」の開催となった今年の日本シリーズ。現役時代も含めて「はじめて」の日本シリーズ制覇を目指す星野仙一監督など、「はじめて」、「史上初」は、観戦をより楽しむためにも欠かせないキーワードだ。

 そこで日本シリーズの様々な「はじめて」のエピソードを、プロ野球の歴史に詳しいスマホサイト『週刊野球太郎』編集部に聞いた。


    *   *   *

【最初はワールド・シリーズだった!?】

 「日本シリーズ」の正式名称は「日本選手権シリーズ試合」。シリーズの規則は2リーグが誕生した1950(昭和25)年に定められた。お手本はもちろん大リーグの「ワールド・シリーズ」。そのため、誕生当時の正式名称は「日本ワールド・シリーズ」だった。それが第5回の1954(昭和29)年から現在の「日本シリーズ」になったのだ。

【最初は"巡業"だった】

 1950年に行われた最初の日本シリーズ(日本ワールド・シリーズ)は、神宮、後楽園、甲子園、西宮、中日、大阪の6球場を巡回して行われた。フランチャイズ制がまだ確立していなかったためだが、全国の野球ファンのために各地で開催し、選手のプレーを披露した、という側面が大きい。

【初代王者&初代MVPは?】

 毎日オリオンズと松竹ロビンズで争われた第1回大会は、4勝2敗で毎日オリオンズが初代王者に。初代MVPには別当薫が選出された。

【初の連覇はやっぱり読売ジャイアンツ】

 第2回大会の1951(昭和26)年から1953(昭和28)年まで、読売ジャイアンツが3年連続でシリーズを制覇。これが日本シリーズ初の連続制覇である。

 その後、伝説のV9も含め、何度も連覇を達成してきた巨人だが、意外なことにそのV9以降は一度も連覇はない。

 今回の日本シリーズを制すれば、球団として実に40年ぶりの連覇となる巨人。原巨人が挑むものは、目の前の楽天はもちろん、歴史の重みもあったのだ!

※『週刊野球太郎』は、ポストシーズを楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

ポストシーズンの情報は「CS・日本シリーズ野球太郎式攻略ガイド」にお任せ!

関連リンク

  • 10/30 13:38
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます