AKB48 メンバー間の確執を告白

拡大画像を見る

 28日に放送したTBS系『有吉AKB共和国』で、AKB48のメンバー茂木忍と高島祐利奈の間に確執があったことが分かった。

 茂木と高島は、2011年にそろって研究生オーディションに合格し、今年8月、ともに新チーム「4」を結成した。

 だが、番組内で茂木は「(高島のことを)雰囲気が嫌だったんですよ」「喋りたくないなと思ってましたね」と語り、高島は「他の子より冷たくされてるなと思って、怖くてしゃべりかけられないんですよ」とお互いの印象を明かした。

 茂木はさらに「ピンクの衣装を着た時に似合わないっていうのをすごい言ってきて。それでちょっとイラっときてて」などのエピソードを披露。一方の高島は、メンバーの相笠萌に相談し「仲良くしようみたいな感じのメールをした」といった裏話を明かした。

 結局、先輩メンバーの峯岸みなみからのアドバイスなどによって関係を修復し、現在では仲良くやっていると、確執が過去のものであることをアピールした。

 これに対して、インターネット上では「茂木ちゃん、めんどくさそうだし、喧嘩っぱやそう」「茂木ええやん。雑草魂を感じる」「ケンカするほど仲がいいって言うじゃん」などの反響が寄せられた。

※画像は公式ブログから。高島(写真=右)と茂木(写真=左)

関連リンク

  • 10/29 17:25
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます