「借金3億円」ジューシーズ児玉、幼少期の貧乏体験を告白

 27日に放送したテレビ東京系『ブラックミリオン』で、お笑いコンビ・ジューシーズの児玉智洋が幼少期の貧乏体験を告白した。

 児玉の家庭は、高円寺にマンションを2棟所有するなど裕福な生活を送っていた。しかし、父親が事業で失敗したことにより、借金が3億円に膨らんでしまったという。

 その後、父親は失踪。所有していたマンションは中国人の手に渡り、乗っていた高級車はインド人の手に渡ったと語った。父親は1年後に見つかったが、ずっとホームレス生活をしていたため、歯が1本しか無かったと明かした。

 麒麟の田村裕は、同じく父親が失踪したことに触れて「うちの親父もそうです。15年ぶりに再会したら歯1本でした」と、まさかの共通点を語った。

 これに対し、インターネット上では、「3億借金じゃもう無理だろ」「失踪した父親あるあるかよww」などの意見が上がった。

関連リンク

  • 10/29 16:56
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます