今年は誰だ!? 日本シリーズで戦犯扱いされる"逆"シリーズ男!

拡大画像を見る

 いよいよ明日26日から、2013年プロ野球日本シリーズが開幕する。7試合制で行われる日本シリーズは過去、幾多のドラマを生んできた。そして毎年のように、短期決戦ならではの、シリーズの行方を左右する選手が必ず出現する。ファンはその選手を"シリーズ男"と名付け、大舞台に強い選手として讃えてきた。

 しかし近年は、その勝負強いシリーズ男とは正反対の"逆"シリーズ男にもちょっとした注目が集まっている。シーズン中に大活躍したが故に、日本シリーズでも同様の活躍をみせてくれる...というファンの思いとは裏腹に、大舞台だからこそ、その不調は目立ってしまい、不調から脱することができないまま短期決戦は終わってしまう選手のことだ。皆さんもそんな選手を、何度も見てきたはずだ。

 野球についてはプロアマ問わず、圧倒的な情報量を誇る『週刊野球太郎』編集部に、2013年日本シリーズで逆シリーズ男になり得る可能性がある選手を聞いてみた。もちろんシリーズ前に選手の不調を祈る野球ファンはいない。しかし、過去のデータを紐解くと、逆シリーズ男と呼ばれた選手には、一定の条件があったのだ。まずはその条件を挙げだしてみよう。


     *   *   *


【逆シリーズ男になる条件とは? さらには不気味なジンクスも...】

 過去の逆シリーズ男を振り返ると、以下の条件に当てはまる選手が挙げられる。

【1】そのシーズンのタイトル獲得選手
【2】不気味なジンクス? なぜか捕手出身の選手
【3】活躍した年数が1?2年と経験が浅く、さらにシーズン終盤に不調だった選手

 昨年では、最優秀防御率を獲得しパ・リーグMVPにも輝いた吉川光夫(日本ハム)は巨人との日本シリーズで2試合に登板するも0勝2敗、防御率12.15と散々な成績だった。これは【1】に当てはまり、吉川自身は前年の2011年は未勝利に終わった事を踏まえると【3】にも当てはまる。

 他にも松中信彦(ソフトバンク)は、1999年には126試合に出場して23本塁打を放つなどプロ入り3年目でレギュラーに定着。2000年は33本塁打、106打点、打率.312をマークしてパ・リーグMVPに輝いた。しかし、その年の巨人との日本シリーズでは19打数1安打2打点、打率.053と全く打てなかった。これも【1】と【3】のケースに当てはまるだろう。

 また、2001年のヤクルトvs近鉄では、シーズン全140試合に出場して打率.320、17本塁打、95打点をマークした礒部公一(当時近鉄)が日本シリーズでは無安打に抑えられ、2002年の巨人vs西武では、和田一浩(当時西武/現中日)がシリーズでは15打数0安打と大ブレーキ。

 極めつけは現在、阪神のコーチを務めている関川浩一。1997年オフに阪神から中日にトレードされ、広いナゴヤドームで外野手に専念すると大ブレイク。1999年には打率.330、20盗塁とキャリアハイの成績を残して、チームを牽引し、ダイエーとの日本シリーズに挑んだ。しかし、シリーズ4戦目まで無安打と、リードオフマンの仕事が全く出できなかった。この3選手は全て【2】の捕手出身。そして【3】にも当てはまるキャリアの浅い選手でもあった。


■今年の日本シリーズでは、果たしてこの条件に当てはまる選手はいるのか?

【巨人】
◎(本命):村田修一
〇(対抗):ロペス
▲(穴):阿部慎之助

 今年のセ・リーグの打撃部門はバレンティン(ヤクルト)とブランコ(DeNA)が独占。そのなかで打率.316とセ・リーグ3位の打率を残した村田はタイトルこそ獲得していないが、日本人最高の成績を残している。また7、8月は4割を超える高打率を誇っていたものの、9月以降は急降下。【1】と【3】に当てはまってしまう選手だ。ちなみに昨年の日本シリーズは22打数4安打で.182とブレーキになったしまった"実績"もある。また、ロペスは来日1年目でブレイクするも、9月にはケガで戦線離脱したので【3】に該当。

【楽天】
◎(本命):田中将大
〇(対抗):銀次
▲(穴):マギー

 今シーズンのパ・リーグ投手タイトルを総ナメした田中はシリーズでも大活躍が予想される。しかし、レギュラーシーズンは圧倒的なピッチングをみせパ・リーグ投手タイトルを総ナメしただけに、当然【1】に該当する。シリーズでは「まさか」があるかもしれない。他にも【2】と【3】に当てはまる銀次や【3】に該当するマギーなど、それぞれ楽天打線のキーマンだけに、相手のマークも厳しいものになるだろう。

 選手にとってはありがたくない"逆シリーズ男"の称号。だが、リーグ優勝に大きく貢献しており、期待している選手だからこそ、"逆シリーズ男"になる可能性が高くなる。候補選手として挙がった上記の選手たちがシーズン通りの活躍をすれば、そのチームが日本一になる可能性が高くなることを忘れないようにしよう。選手たちの健闘を祈りたい。

※『週刊野球太郎』は、シーズン終盤を楽しむネタが満載。auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。
日本シリーズを楽しむなら『週刊野球太郎』の「勝つならヤツでしょ!日本シリーズ2013キープレーヤー名鑑」は必見!

関連リンク

  • 10/25 11:42
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます