『ほこ×たて』出演者が番組の「やらせ」を告発

拡大画像を見る

 フジテレビ系『ほこ×たて』に出演したラジコンレーサーの広坂正美氏が23日、所属会社の公式サイトを通じて番組を告発したことで波紋を呼んでいる。

 20日に放送した番組は「実弾スナイパーVS逃げるラジコン」と題して、広坂氏らの操るラジコンがスナイパーの追跡をかわせるかという内容だった。

 広坂氏は「ラジコン愛好家の皆様へ ≪お詫び≫」と題して「今回偽造された編集内容が余りにも酷かった為、事実をお知らせする事に致しました」と語った。放送では、編集によって対戦の順番や相手が異なっていただけでなく、事前の取り決めが撮影中には無視され、スナイパー側に反則行為があったという。

 今回告発した経緯について「実は放送される直前に、制作会社の担当者より編集内容を知らされた際、あまりにも曲げられて作られていたため、編集責任者に対し『反則した相手が負けになるのであればまだ納得出来ますが、もしこの内容で放送された際には、事実を発表します』と忠告し、内容を偽って作らないよう要請していたのですが、非常に残念な事に偽造編集したものが放送されてしまったのです」と語った。

 これまで過去3度にわたって、ラジコンの認知度向上と普及のために無謀な要望にも応えてきたと語る広坂氏は「この様な番組に出演していたら、ラジコンのイメージダウンだけでは無く、想いとは裏腹にラジコン愛好家の皆様にも多大なるご迷惑をお掛けする結果となってしまいます」と、その胸中を明かした。

 最後に、「昨今では余りにもひどいやらせ番組に成り下がってしまった為、今回のようなご報告をしなければならなくなりました事、非常に残念な気持ちと悔しい思いで一杯です。 最後に、フジテレビさんには放送開始当初の輝いていた人気番組 『ほこ×たて』 の再興を強く願っております」と結んだ。

 これに対してインターネット上では「全部本当だとしたらもう完全な捏造」「真実ならプロフェッショナルへの冒涜だ」などの感想が寄せられている。

※画像はラジコン会社の公式サイトより

関連リンク

  • 10/23 19:44
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます