V6の実写恋愛ゲームが登場!アプリ版では本人の限定ボイスも?

グリー株式会社と株式会社サイバードは23日、国内アーティスト初となる実写恋愛ソーシャルゲーム「ラブセン~V6とヒミツの恋~」を提供する。今後はアプリ版の配信も予定されており、本人の声によるボイスも提供される。

ラブセン~V6とヒミツの恋~

「ラブセン~V6とヒミツの恋~」は国民的アイドルグループV6の撮り下ろし写真を使った恋愛ソーシャルゲーム。ユーザーは、広告代理店で働くOLとして、偶然にV6のメンバーと出会い、秘密の恋を育んでいく。ゲームでは、それぞれのメンバーと会話を楽しめるだけでなく、誰もが憧れるデートのシチュエーションも盛りだくさん。V6のファンはもちろん、すべての女性が理想の恋愛を体験できる内容となっている。

ユーザーは、V6のメンバーと偶然出会うことから始まるストーリーの中で、「こんなところに二人きりでいたことが知られたら、良くない」(坂本昌行)、「美味しい物でも食べに行こうか...二人でいいならね」(長野博)、「大丈夫、...もう充分、頑張ってると思うよ」(井ノ原快彦)、「へえ...そんな顔して笑うんだ。そっちのがいいと思うけど」(森田剛)、「俺、あまのじゃくだけど...この好きはほんと」(三宅健)、「昨日、またって言ったから...会いに来た」(岡田准一)など、それぞれの個性に応じた甘い会話を楽しむことができる。

毎月開催されるゲーム内イベントに参加することで、ここでしか手に入らないメンバー本人によるボイスがもらえるなど、様々な特典が用意される予定だ。

関連リンク

  • 10/23 15:33
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます