『笑点』で座布団が「ゼロ」......放送開始以来の珍事が発生

拡大画像を見る

 20日に放送した日本テレビ系『笑点』で、出演者が座布団を1枚も獲得することなく終了するという、前代未聞の「珍事」が発生して大きな話題を呼んでいる。

 今週は座布団0枚の状態から番組がスタート。先週の放送で、三遊亭円楽が「警察官が立ち入り禁止にしている理由」という大喜利のお題に対して「司会の桂歌丸が干からびて死んでいた」という回答をしたことで歌丸の怒りを買い、全員の座布団が没収された結果をうけてのもの。

 番組では、出演者の回答に対して客席の反応は上々だが、なぜか座布団がもらえない状態が続いた。歌丸が「あぁ、そうだ。座布団忘れちゃったわ」と途中で声に出したものの、その後も一向に座布団を出す気配がないことから、どんどん雲行きが怪しくなっていった。
春風亭昇太は、歌丸を持ち上げた回答で客席を沸かせたが、当人は硬い表情のまま。「座布団ないの?」と驚いた素振りを見せた。

 そして、番組は誰も座布団を獲得できないままエンディングへ。歌丸は「48年間、笑点をやっていて1週間誰も座布団を獲らなかったのは今日だけでございます」と語った。
すると、出演者からは「獲らないんじゃない、獲れないんだよ!」「結構いいこと言ってたじゃないですか!」などとブーイングが沸き起こったまま、放送が終了した。

 これに対してインターネット上では「普段はもらえそうな回答でも出なかったねw」「絵面がシュールw」「山田くんがいらない笑点(笑)」「最後に歌丸の座布団を剥ぎ取ってたら、もう一笑いおきてただろ。もったいない」などの感想が寄せられた。

※画像は公式サイトより

関連リンク

  • 10/21 14:34
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます