ピース又吉の元相方が「コンビ解散」の真相を激白

 5日に放送したTBS系『さんまのファンタジスタ』に、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹とコンビを結成していた元相方・原偉大が登場し、解散の真相を語った。

 又吉と中学校時代に同級生だった原は、2000年に2人で「線香花火」を結成するも2003年に解散。現在は芸人を引退しているという。「線香花火」の実力については、現相方の綾部祐二が「漫才ではピカイチだったんで。僕ら同期の中では断トツでした」と認めるほど。

 原はコンビ解散の原因について「僕の芸人に対する熱が冷めたことです。解散前の熱の冷めた僕と向き合うのはさぞ苦痛だったことでしょう。本当に申し訳なかったと思います」と真相を告白した。

 これに対し、インターネット上では「懐かしくてなんか嬉しくて泣いてしまった」と久々にテレビに登場した原に感動する声のほか「線香花火は又吉よりツッコミの原が上手いって印象だった。もったいない」と引退を惜しむ声などが寄せられた。

関連リンク

  • 10/7 19:18
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます