予算案が通らず......アメリカ政府機関が閉鎖

 10月1日から、アメリカの政府機関の閉鎖が始まりました。10月からの新年度の予算案が議会で可決されなかったため、軍や健康部門などを除き閉鎖されることになったのです。

 オバマ大統領は「医療保険制度改革」を進めようとしていますが、その予算の扱いについて、野党の共和党とは激しく対立しています。アメリカ連邦議会は上院と下院の二院制です。現在、上院では民主党、下院では共和党がそれぞれ多数を占めている「ねじれ状態」。予算案について両党ともに妥協しなかったため、期日の9月30日を迎えてしまったわけです。

 この政府機関の閉鎖は、近年では1995年~1996年にかけても生じており、多くの損失が出たといわれています。

 この状況はいつまで続くのでしょうか?美術館なども閉鎖されているので、アメリカへの旅行予定がある方は要注意です。

(NPO法人YouthCreate)

関連リンク

  • 10/3 21:07
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます