三又又三の下ネタにスタジオドン引き

 7日に放送した日本テレビ系『ナカイの窓』で、三又又三が自身の経営するバーでのエピソードを語った。

 三又が経営する「BAR MATAZO」は『すべらない話』収録後の打ち上げに使われるとのこと。本人が体を張って盛り上げることも多く、打ち上げの締めは、三又がパンツのゴムだけ残して全裸となり、そのゴムを股間に巻きつけて「綱引き大会」を行っていると明かした。ある時は、宮迫博之や宮川大輔、河本準一ら芸人が参加したものの、最終的には「ちぎれる」と判断した河本がストップをかけたこともあったという。

 男性だけの出演者一同は大笑いだったが、客席の女性はドン引きする結果となった。

 同番組に出演していた水道橋博士は後日Twitterを更新し「ハイスパートな応酬の中、世にも稀な『三又又三の金玉綱引き』の話を残してくれた編集が素晴らしかった」と番組の編集を評価するコメントを寄せた。

関連リンク

  • 8/7 19:39
  • Scoopie News

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます