【代表校紹介】日本文理(新潟代表)

日本文理(新潟代表)
2年ぶり7回目
最高成績:準優勝 (2009年)

新潟大会では打線が機能し順調に勝ち進むと、決勝戦では初優勝を狙う村上桜ケ丘とのシーソーゲームを制し、甲子園への切符を手にした。

伝統の集中打は今年も健在。県大会では、6試合中5試合で6得点以上をマークした。中でも、県大会で4番に座った小黒は勝負強い打撃が持ち味で、強力打線の核となる。どれだけ小黒の前に走者をためられるかが、勝利への決め手となるだろう。

2009年に甲子園に出場した際には、最終回2アウトから5点差を追いあげ、優勝へあと一歩のところまで迫った戦いぶりは、今なお語られる伝説だ。県勢初の準優勝を成し遂げた新潟の雄が再び旋風を巻き起こし、初の全国制覇を狙う。

ちなみに野球部以外の部活動も盛んで、特に吹奏楽部は全国大会にも出場する腕前。鍛え上げられた応援は、選手たちの活躍を後押ししてくれるはずだ。


<主なOB選手>
横山龍之介(元阪神)、吉田篤史(元ロッテ)、本間忠(元ヤクルト)

<主なOB有名人>
渡辺真弓(陸上選手)

<地方大会戦績>
2回戦 新潟第一 4-1
3回戦 長岡高専 6-0
4回戦 帝京長岡 6-3
準々決勝 中越 6-5
準決勝 巻 6-0
決勝 村上桜ケ丘 7-5

関連リンク

  • 7/31 17:02
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます