【代表校紹介】花巻東(岩手代表)

花巻東(岩手代表)
2年ぶり7回目
最高成績:ベスト4(2009)

西武の菊池を擁した2009年にセンバツで準優勝、選手権大会でもベスト4入りを果たした岩手の強豪校。岩手大会は、初戦に18得点を挙げ快勝すると、決勝は昨年と同じ盛岡大付と激突。初回に先制を許しながらも、試合中盤に逆転し勝利。1年前のリベンジを果たし、甲子園への切符を手にした。チームの特徴は、6試合で失策わずか2つの守備だ。堅い守りで接戦に持ち込み、競り勝つ。一方の打撃面は、チーム本塁打0が示すように派手さはない。それでも6試合で50得点とそつのない攻撃が売りだ。

OBである日本ハム・大谷のようなスターは不在だが、「みんなの力を合わせてスターに」と監督が話すように、チーム力で全国に挑む。

ちなみに、昨年の県大会では大谷が驚異の160キロをマーク。高校生では史上初の快挙で、話題となった。


<主なOB選手>
菊池雄星(西武)、大谷翔平(日本ハム)

<主なOB有名人>
---

<地方大会戦績>
岩手大会
2回戦 金ケ崎 18-1(7回コールド)
3回戦 久慈 6-2
4回戦 花巻南 9-1(8回コールド)
準々決勝 久慈工 8-1(7回コールド)
準決勝 盛岡四 4-3
決勝 盛岡大付 5-1

関連リンク

  • 7/31 16:52
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます