高校野球とカレーのただならぬ関係とは? あの松井秀喜が食べていたいカレーがレトルトになって全国発売に!

 現在展開中のGREEニュース「高校野球特集」でもお馴染みのスマホサイト『週刊野球太郎』(下記参照)で「カレーと野球~Curry&Baseball」なるコーナーができていた。なんでもカレーと野球に関して考察を深めるために始まったとか......。今回は連載第1回目の記事を全文掲載させてもらうことにした。

◎カレーと野球(第1回:松井秀喜の愛したカレー)

 夏。それは高校野球とカレーの季節だ。
 球児は汗を流して甲子園を目指し、私は汗をかきながらカレーを食す。

 食欲が落ちがちな夏でも、「カレーなら食べられる」という人は意外と多いはず。ルーに入っているスパイスには食欲増進や消化促進の効能があり、さらには熱中症や夏バテ予防にも最適なんだそうだ。私のようなオッサンよりも、夏の日差しと戦う球児こそカレーを食べるべきではないだろうか。

 それを証明するように、あの伝説の元高校球児もカレーが大好きだった。夏といえば思いだす、松井秀喜(元巨人ほか)と5打席連続敬遠。

 そんな松井に由来するカレーがこのほど全国発売される。
 その名も「松井家秘伝のカレー」。8月1日から全国小売店で「ニンニクなし・練習中バージョン」と「ニンニクたっぷり・試合前バージョン」の2種類が発売。パッケージに施された松井家のツタの家紋は、父・昌雄さんのこだわりであるという。

 このカレー、元々は、松井秀喜の現役時代を追いかけ続けたニッポン放送が「リスナープレゼント限定」で2004年に製作したもの。ファンの間で「幻のカレー」として復活希望の声があがり、このほど商品化されたのだ。

 ニッポン放送の担当者が、石川県にある松井秀喜の実家に赴き、母・さえ子さんが松井の少年時代から練習や試合前の前に作っていたカレーをレシピ通りに再現。父・昌雄さんも「秀さんがいつも食べていたのは、まさにこれ!」と認める味になった。

 松井自身も自宅のあるニューヨークで試食した際に「おいしい」のサインである"ニッコリ笑顔"を見せたという。モノ言わずとも意図を込められるところがなんとも松井らしい。

 オススメはやはり、松井が愛してやまなかったという「ニンニクたっぷりバージョン」だ。"ニンニクたっぷり"と言ったって、せいぜい擦ったニンニクを入れた程度だろう、と思いきや、スライス状のニンニク片が何枚もルーを泳いでいる。「ニンニクなしバージョン」と同じ"中辛"であるにもかかわらず、明らかに刺激が強く、吹き出る汗の量も違う! 松井の打撃同様パンチの効いた味が、さらに食欲をかき立ててくれる。

 引退にあわせてでもなく、国民栄誉賞のタイミングでもなく、この8月に発売を決意したのは、きっと甲子園の季節だから。高校野球観戦のお供に、今年は「松井家秘伝のカレー」が欠かせないようだ。


◎松井家秘伝のカレー(ニンニクなし・練習中バージョン/ニンニクたっぷり・試合前バージョン)(どちらも200g・420円※税込)。8月1日から全国発売。
→TOPの画像をタップしていただくと「松井家秘伝のカレー」のパッケージがご覧いただけます。

※週刊野球太郎は、auスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードでサービス中です。

野球のことばかりこれだけ集めました『週刊野球太郎』はこちら

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/31 16:29
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます