悲願の初出場を狙う3校が決勝に挑む - 26日のみどころ

 26日は8地区で決勝が行われる。

岩手県は、2年連続で盛岡大付と花巻東の決勝。昨年は盛岡大付が大谷翔平(現・日本ハム)擁する花巻東を5対3で破った。盛岡大付は昨秋、今春の県大会も制しており、花巻東がストップをかけるか。

山形県は日大山形と米沢中央の対戦。山形中央は過去4度決勝に進出しているが、全て敗退。そのうち3度は日大山形に阻まれている。悲願の初優勝なるか。

富山県は、富山第一と桜井の対戦。富山第一は03年、10年に続いて3度目の決勝進出。過去2度はいずれも敗れているが3度目の正直となるか。桜井は78年に49代表制になってから5度目の決勝進出。過去4度はいずれも勝っている。

福井県は、福井商とセンバツに出場した春江工の対戦。福井商は4年連続の決勝進出。78年に49代表制になってから、県大会の決勝進出は31度目。過去、決勝での戦績は18勝12敗。春江工は、夏の決勝進出は初めて。春夏連続出場なるか。

岐阜県は、大垣日大と市岐阜商の対戦。大垣日大は、準決勝でセンバツ8強の県岐阜商に5対1で勝利。6年ぶりの甲子園を狙う。市岐阜商は勝てば5年ぶりの甲子園。

岡山県は、関西と玉野光南の強豪対決。両校は05年の決勝でも対戦していて、その時は関西が3対2でサヨナラ勝ちしている。

島根県は立正大淞南と石見智翠館の対戦。立正大淞南は09年、昨年と決勝で2連勝中。一方、石見智翠館は過去2年決勝で敗れている。校名変更前、江の川時代の07年も準優勝。

香川県は尽誠学園と丸亀の対戦。両校は99年の決勝でも対戦していて、その時は尽誠学千賀5対1で勝っている。丸亀は3年連続の決勝進出。過去2年は負けているが、今年は!?

関連リンク

  • 7/26 12:33
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます