丸山和也議員「政治家は感覚が相当ズレてます」

拡大画像を見る

 今回のインタビューは、自民党・参議院議員の丸山和也氏です。弁護士としてはもちろん『行列のできる法律相談所』でタレントとしても活躍した丸山氏。転身して見えた世界、そして政党に対する思いとは?

――よろしくお願いします。弁護士の丸山さんが政治家を志した理由は何ですか?

 それまで弁護士として、不動産とか離婚とか、個人的な問題を解決することで社会に関わってきたのですが、その経験を活かしてより広い問題に取り組んでみたいと思いました。政治・行政はパブリックなものですよね。法律を制定すれば社会全体が変わります。次はこれにチャレンジしたいと思ったんです。人生は、死ぬまで挑戦の連続だと思っていますからね。それで政治家になろうと考えました。

――色々と政党がある中で、自民党から出馬した理由は何ですか?

 6年前に立候補したときは、自民党はかなり落ち目でした。でも僕は「腐っても鯛」と自民党のことを言っていました。民主党からも誘われていたのですが、基本理念である「綱領」がなかった民主党では、何を目指すのか分かりませんでした。政権交代だけ目指しているような集団では、政権を取ったらダメになります。そこで、じっくりと政治に取り組める自民党を選びました。

――参議院議員になってみてどうでしたか?

 初めての世界に飛び込んだので、困難はありました。まず、政党という集団に慣れなかったですね。弁護士として個人で活動を行ってきたので、集団の縛りに違和感がありました。それに、政治家はやっぱり「普通の人」の感覚からは相当ズレてますよ。「なんでこんな当たり前のことが通じないんだ」と思うことばかり。だから、どうしても政治家や党に対する批判が多くなりました。「自民党は解散してしまったほうがいい」と言ったこともありますから(笑)。

――党に批判的なことを言ったら大変なことになりませんか?

 「あいつは何も政治のことを分かっていない」「あいつは目立ちたがっている」などと言われましたね。

――それでも発言を続けた理由は?

 僕自身は政治の世界で「異端」であることが存在意義だと思っています。党全体が同じ色に染まるよりも、色々な人間がいた方がいいんです。僕は特定の組織からの支持を受けていないので、自由に発言ができます。「丸山和也」個人として日本全体を見て行動できますから。農協や医師会などの出身者ばかりでは、特定の組織の代弁者という面が否めません。組織に縛られない自由な考えを持つ人がいることで、政党全体が強くなると思うんです。

――そんな丸山さんが現在重視されている政策分野はどこですか?

 第一に、いじめ根絶です。先日、いじめ防止対策推進法を策定したことで、社会全体としていじめをなくすんだという気概を見せることができました。弁護士活動では出来なかった大きな成果ですね。これを契機に、いじめに対する意識を高めて「人間教育」に力を注ぎたいと考えています。

(聞き手:NPO法人YouthCreate代表 原田謙介)

※次回は、丸山議員が橋下徹市長について語ります。

関連リンク

  • 7/8 13:00
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます