伊集院光の「告白」に賛否両論

 タレントの伊集院光が2日、TBSラジオ『伊集院光 深夜の馬鹿力』で、格安航空会社・スカイマークを利用した際のトラブルを告白して話題を呼んでいる。

 伊集院が土産のプリンを荷物棚に入れようとしたところ、CAから「保冷剤入り」のため止められたという。そのルールを知らなかった伊集院が「どうすればいい」と尋ねると、自分で持って座るように指示されたと語った。もう1席分の料金を払ってでも隣の席に置きたいと主張すると、他のCAから「特別に今回は無料で結構です」と言われたとのこと。伊集院はその対応を「クレーマー扱い」だと突っぱねて、結局プリンを持ち続けることにしたと報告した。

 さらに、今回の保冷剤の件について、搭乗する前に知らせてほしいと伝えて拒否されたことにも触れ、同社が料金維持のためにルールが厳しいことに理解を示しつつも納得できなかった旨を吐露した。

 伊集院の告白に対してインターネット上では「世間の常識からすればクレーマーの一種」と非難する声のほか「いかにも伊集院らしい」と感心するコメントが寄せられた。

関連リンク

  • 7/3 15:44
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます