選挙ポスターを破ると逮捕される!?

 6月15日、都議会議員選挙の候補者ポスターを破ったとして25歳の男性が逮捕されました。

 通勤、通学の途中でよく見かける選挙ポスターですが、破ったり、落書きするのは違法です。

 ポスターを破る行為について、公職選挙法第225条(選挙の自由妨害罪)では「4年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する」と定めています。同程度の罰則でいうと、最近厳しくなったと言われている酒酔い運転の「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に匹敵します。

 これから始まる参議院選挙、皆さんポスターを傷つけないように注意しましょう。
(NPO法人YouthCreate)

関連リンク

  • 6/26 19:39
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます