続々発表される「マニフェスト」に注目

 民主党は25日、7月の参議院選挙にむけたマニフェストの発表を行いました。

 「震災復興・福島再生」「くらし」「いのち」「みらい」「憲法」「外交防衛」「改革」の7つの分野を重点政策としています。また、具体的な対策として、最近話題の「ブラック企業」や「イクメン」についても言及しています。

 今回の民主党のマニフェストは、難しいマニフェストを、わかりやすく有権者に伝えようとする試みがされています。各分野ごとに、「漫画」で政策が説明されているのです。

 一方で、20日に発表した自民党のマニフェストは、「経済再生」「教育再生」「外交再生」「暮らしの再生」という4つの柱を立てています。また、デザインは安倍晋三首相の写真以外は文章のみで構成されています。色は赤と白が基調となっており、「日本」を強く印象付けるイメージとなっています。

 見せ方が対照的な両党のマニフェストですが、もちろん重要なのは中身です。投票日まで、あと1カ月。ぜひ下記のサイトでチェックしてみてはいかがでしょうか。

自民党マニフェスト
http://special.jimin.jp/political_promise/

民主党マニフェスト
http://www.dpj.or.jp/policies/manifesto2013/
(NPO法人YouthCreate)

関連リンク

  • 6/26 18:28
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます