過去2番目の低さ......都議選の投票率は43.50%

 23日に投開票された東京都議選の投票率は、43.50%だった。前回の54.49%を大きく下回るだけでなく、97年の40.80%に次ぐ過去2番目の低さとなった。

 自民党は候補者59人が全員当選、公明党も23人がすべて当選となった。また共産党が大きく躍進し、改選前の8議席から17議席を獲得して第3党となった。その一方で、民主党は改選前の43議席から15議席へと大幅に議席を減らし第4党に転落した。

 今回の都議選は、参院選を占う選挙として各メディアでは注目されていたが、有権者の関心は今一つという結果となった。

関連リンク

  • 6/24 19:12
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます