未成年はこれをしたらNG! 「ネット選挙運動解禁」における注意点

 「未成年者は選挙運動をしてはいけない」というルールがあることをご存知ですか? 実は、法律(公職選挙法第137条の2)によって禁止されているのです。

 総務省は、ネット選挙運動解禁を控えて、ホームページ内に「未成年者向け説明チラシ」を掲載して注意を喚起しています。ここで言われている選挙運動とは「特定の選挙で特定の候補者の当選を目的として投票をしてもらうために有利な活動」のこと。

 ネットに関係する違反の具体例としては、自分で選挙運動メッセージを書き込むことや、Twitterで他人の選挙運動メッセージをリツイート・シェアすることなどが挙げられています。実際に選挙運動に当たるかどうかは個別に判断されますが、法律違反で罰せられる恐れがあります。

 このルールについて、初めて知った方も多いのではないでしょうか。未成年だけでなく有権者の方も、改めて「ネット選挙運動の注意点」をチェックしてみることをお勧めします。

関連リンク

  • 6/21 19:37
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます