セルジオ越後氏、日本代表の「惜敗」に苦言

 サッカー解説者のセルジオ越後氏が、20日に行われたコンフェデレーションズ杯イタリア戦に苦言を呈した。

 この試合で、日本は前半に2点をリードしたものの、後半で巻き返された結果、3-4で敗れて1次リーグ敗退が決定した。

 セルジオ氏は同日ブログを更新。「調子悪いイタリアに勝てるチャンスは十分あった」としたうえで「選手の表情を見ていると満足しているんだね。勝てる試合だったのに...」と選手陣に対して不満を表した。そして「惜敗で満足する日本はもう終わるべきだ!」と締めくくった。

 セルジオ氏の書き込みに対して「おっしゃる通りですね」と同調するコメントのほか「満足してる選手なんか一人もいないと思うけど」と指摘するコメントが寄せられた。

関連リンク

  • 6/20 10:51
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます