ニートの割合が過去最高の2.3%、63万人の将来は?

 政府は18日、2013年版の「子ども・若者白書」を閣議決定した。2012年の若年無業者(15-34歳の非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者)、いわゆるニートの数が63万人に上ることが分かった。若年無業者が人口に占める割合は2.3%となり、1995年以降で過去最多となった。年齢別にみると、15-19歳が9万人、20-24歳が17万人、25-29歳が18万人、30-34歳が18万人となっている。

 また、同白書によると2012年のフリーター(15-34歳)の数は180万人となっている。2011年の184万人からは減少したものの、25-34歳の「年長フリーター層」は5万人増加している。

 この統計結果についてネット上では「事情がそれぞれ違うので難しいが重要な課題」「ニートだけでなくフリーターの高齢化も気になる」という声のほか「彼らの親はどう考えているのだろう」などの疑問が寄せられている。

関連リンク

  • 6/19 18:21
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます