指原莉乃への投票を後悔......小林よしのり氏が告白

 AKB48のファンとして知られる漫画家の小林よしのり氏が、指原莉乃に投票したことを後悔している。

7日午後、小林氏は自身の公式ブログを更新し「指原莉乃の1位を断固阻止する」と訴えた。投票の受付けが始まった段階では指原に投票していたものの、5月22日の開票速報で指原が1位になったことで投票を後悔したと明かした。

異色の経歴をもつ指原について小林氏は「ジョーカーがセンターで踊るなんて、縁起が悪い」と持論をぶち上げ、指原がセンターになると「日本に良くないことが起こる」と断言した。

これに対してインターネット上では「言い得て妙」と小林氏の主張に同意する声のほか「相変わらず楽しそうだな」と呆れる声が寄せられた。

関連リンク

  • 6/7 16:41
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます