よくよく考えると珍名なAKBメンバー ~苗字でみるAKB選抜総選挙~

 6月8日に開票を実施する今回のAKB48選抜総選挙。全国の姉妹グループを含む248名が参加するだけあって、知らない名前の人もいるのではないでしょうか。そこで今回は候補者の名前、とくに苗字について調べてみました。

■メジャー編
今回の立候補した248名の苗字に注目して、3人以上いる名字を並べました。

【1位】山田(5名)
【2位】加藤・佐藤・小林(それぞれ4名)
【5位】松井・石田・竹内・木下・小嶋・岡田・後藤(それぞれ3名)

となりました。5人いる山田さんを、あなたは全員言えますか?

■マイナー編
次は、とくに珍しい苗字についてピックアップしてみました。読み方を予習しましょう。
○AKB48関係者...川栄(かわえい) 、 伊豆田(いずた)
○HKT48関係者...指原(さしはら)、神志那(こうじな)、朝長(ともなが)、安陪(あべ)
○NMB48関係者...久代(くしろ)、上西(じょうにし)、與儀(よぎ) 大段(おおだん)、鵜野みずき(うの)
○SKE48関係者...熊崎(くまざき)、水埜(みずの)、日置(ひおき)、新土居(にどい)、江籠(えご)、犬塚(いぬづか)

その地に根付いた独特の苗字が多いからか、地方グループに珍しい苗字の方が多いですね。推しメンの苗字の由来など調べてみると奥が深そうです。メディアへの露出で聞き慣れた名前も、こうして並べてみると新鮮な印象ですね。

いかがでしたか。次回は、メンバーの「下の名前」に注目してお届けします。

関連リンク

  • 6/6 11:44
  • Scoopie News

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます