乙武洋匡氏の「入店拒否」に波紋

 作家・乙武洋匡氏が「入店拒否」になった事件が波紋を広げている。乙武氏は、障害者としての半生を描いた『五体不満足』の著者として知られている。

 乙武氏は17日深夜、自身の公式Twitterで、予約していた個人経営のレストランを名指しし、車椅子であることを理由に入店拒否されたことを報告した。

 店側は18日にTwitterで乙武氏に謝罪するとともに、公式ブログを更新し「車椅子の方にやさしくない」テナントの構造や当日の稼働状況から、車椅子で入店すると事前に連絡がなかったため乙武氏の入店を断ったことを説明した。

 一連の騒動についてインターネット上では「私たちも年老いて生きてたら、歩けなくなったりして車イスになることもあるんだから、ハンデを持つのは時間の問題」と乙武さんに同調する声のほか「人一人が乗ってる車いすを狭い階段で持ち上げるってすっごく大変なんだよ」と店側を擁護する意見が寄せられている。

関連リンク

  • 5/20 14:29
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます