『ガキ使』の放送内容に賛否両論

 19日に放送した日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の番組内容が賛否両論を呼んでいる。

 番組では先週に続き、浜田雅功の50歳の誕生日に寄せて、出演者が浜田へのメッセージを読み上げるサプライズ企画だった。オープニングでは相方・松本人志が手紙を紹介することが予告されていた。

 しかし、いざ放送が始まると、後輩たちの手紙が次々に読まれる中、恥ずかしがっていた松本の手紙は冒頭の文章しか紹介されず番組は終了を迎えたのだった。浜田は「(手紙を)書いてくれたという事実があればばええんやない」とフォローしていた。

 松本は同日深夜、自身のTwitterで今回の放送内容について「イライラしたよな。でも一番イライラしたんはオレ自身。だから...いつか...約束。たぶん」と、いつか公開する意向を明かした。

 これに対してインターネット上では「2週に渡ってあそこまで煽ったのが問題」と番組構成を非難する声のほか「ダウンタウンらしい。いつか読まれるまで待ってます」と期待する声が寄せられた。

関連リンク

  • 5/20 12:56
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます