有吉弘行が「わくわくさん」につけたあだ名

 NHKの人気番組『つくってあそぼ』で「わくわくさん」を演じていた俳優・久保田雅人が、12日夜に放送した日本テレビ系『有吉反省会』に出演。番組の裏側を暴露し話題を呼んでいる。

 久保田は自身の公式ホームページに掲載した番組最終回へのメッセージで、熊のキャラクター「ごろり」を「着ぐるみ」呼ばわりして子供の夢を壊してしまったことを明かした。また、番組で披露した工作の数々も、造形作家が考えたものを作っていただけだと暴露した。

 一時は反省するそぶりを見せていた久保田だったが「スタジオで人間と話をするのは20年ぶり」と爆弾発言はとどまるところを知らず、有吉も「ワクワクさんじゃなくてウザウザさん」と新たに命名する一幕もあった。

 これに対してインターネット上では「私の知ってるわくわくさんじゃない」とショックを受ける声のほか「暴露しすぎなワクワクさんは愛すべき存在だ(笑)」と、ぶっちゃけキャラに対する好意的な声が寄せられた。

関連リンク

  • 5/13 11:32
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます