『怒り新党』の異常事態に続々と反響

 24日に放送したテレビ朝日系『マツコ&有吉の怒り新党』の変則的な番組構成が反響を呼んでいる。

 今回、人気コーナーの「新・3大◯◯調査会」では、日本唯一の車いすテニスプレイヤー・国枝慎吾選手の名試合を取り上げた。しかし2本目のVTRを紹介した後、スタッフから謝罪の電話があった。3本目のVTRが作れなかったというのだ。

 不満げな様子を見せる有吉とマツコに同スタッフは、車椅子テニスの記録映像がほとんど残っていないことを説明するとともに「素晴らしい選手なので放送の意義があると思って」と、映像が3つ揃わないまま紹介したことの意図を報告した。

 インターネット上では、この演出に対して「障害者スポーツの注目度が低いことへの問題提起」と評価する声のほか「あえて国枝選手を取り上げたこの番組に拍手」とスタッフの英断を称えるメッセージが寄せられた。

関連リンク

  • 4/25 20:10
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます