NON STYLEの2人が明かしたTwitterとの距離感

 NON STYLEが12日配信の有料Webマガジン『Magalry』で、Twitterで起きた「事件」を振り返った。

 Twitterに「偽者」が現れ、南海キャンディーズ山里亮太と喧嘩したり、タレントの吉木りさに絡んだりしたことが話題となった井上裕介は「ほかの人に迷惑かけるのは良くない」と犯人について語った。また、自身のTwitter利用に関して「仕事もらえたりすることもある」と明かすとともに「インターネットは嘘も多いので気をつけていただきたいですね」と語った。

 一方、相方の石田明は番組用のアカウントを残しているものの、Twitterには興味がないとのこと。石田は「ブログがどうとかじゃなしに、ツイッターというコミュニケーションツールが好きやない。なんか全体的に気持ち悪いです。ツイッターに何もいいところが見つからない」と苦手意識があることを明かすのだった。

関連リンク

  • 4/12 17:45
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます