ユニセフが「子ども幸福度ランキング」を発表

 国連児童基金(ユニセフ)が10日、先進国の子どもの幸福度ランキングを発表した。同ランキングは「子どもの物質的豊かさ」「健康と安全」「教育」「日常生活で抱えるリスク」「住環境」の5点について評価したもの。

 調査対象となった29ヶ国の中で上位となったのはオランダ、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、スウェーデンの順で、最下位の5ヶ国は、下から順にルーマニア、ラトビア、リトアニア、アメリカ合衆国、ギリシャだった。

 インターネット上では、アメリカ合衆国がワースト5入りしたことに驚きの声が上がった。また同ランキングに日本が含まれていないことをショックに思う人もいたが、これは同ランキングが欧米を対象としたものだったため。「日本が対象に含まれていたらどうなったかな」と興味を示す人す声もあれば「入ってたらどんな順位になるか怖い」と悲観する声もあった。

関連リンク

  • 4/11 20:02
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます